構造・工法|注文住宅・土地分譲・リフォームのサーティーフォー

トップページ > 新築・土地分譲事業 > 構造・工法

構造・工法

構造・断熱編

基礎部分

基礎部:鉄筋量・D-13Φ、間隔200mm
防湿処理・ポリエチレンフィルム 厚さ0.015mm

1階床部分

1階床部床組・根太材(38×60間隔 455mm)
1階床下断熱 床下断熱材(ポリスチレン保湿板厚さ40mm)

1階天井部分

床材、階段材、ドア等もフォースターを使用し、メーカーから安全証明材料部書の発行をしています。

2階床部分

2階床部 構造用合板の上に遮音ボード厚さ12mm
(特殊ボンドにて接着)(サウンドカット)

2階天井部分

2階天井断熱 天井上断熱(ポリスチレン保湿板厚さ65mm)

外壁部分

外壁断熱 高性能グラスウール16K相当厚さ75mm

開口部部分

熱計算の実施
一軒ずつ、熱量を計算し国の基準に適合しているか確認しています。

暖房・冷房必要
夏と冬の冷暖房の必要エネルギー計算を行い、過剰な冷暖房設備量計算の実施を抑えています。

開口部対策
開口部は多量の熱が出入りし大きな問題を引き起こします。
そのために、ペアガラスの採用はもちろん、ガラス内に遮熱対策を施し、開口部からの熱の出入りを抑制しています。カビの発生を防ぎます。

気密天井部分及び間仕切り部分

外周部
外壁部と間仕切り部のT字箇所に先張り気密シートの施工。

天井部
外周部同様で先張り気密シートの施工。

維持管理・シックハウス編

シックハウス 計画換気給気

シックハウス 計算換気給気
一軒ごとに、換気量計算を行い、必要以上の換気をしないように計画しています。建物全体体積の半分を1時間かけて、外部の空気と入れ替える装置を設置しています。

シックハウス 計画換気排気

換気設備
一軒ごとに、換気量計算を行い、必要以上の換気をしないように計画しています。建物全体体積の半分を1時間かけて、外部の空気と入れ替える装置を設置しています。

シックハウス 内装フォースター

壁・天井のクロスは、全てフォースターの使用。又、のり材についてクロス等も同様にフォースターを使用。更に、メーカーから安全証明書の発行をしています。

シックハウス 建材床ドア等フォースター

シックハウス 建材床ドア等フォースター
床材、階段材、ドア等もフォースターを使用し、メーカーから安全証明材料部書の発行をしています。

維持管理 点検口

点検口の設置
1階の床下に人が入れ各洗面所やトイレ、キッチン等の点検が可能にした工事をしています。

維持管理 排水設備

排水関係
配管のメンテナンスの際基礎を壊さずに、点検等が可能にした工事をしています。