注文建築事業コンセプト|注文住宅・土地分譲・リフォームのサーティーフォー

トップページ > 注文建築事業コンセプト

注文建築事業コンセプト

サーティーフォーの住まいには3つの基本コンセプトがあります。

image

ご家族が健康で暮らせる 空間であること

毎日生活する家ですから、健康への影響も大きくなります。仕事も勉強も遊びも、日々の暮らしを充実させるには、なにより健康でなくては、成り立ちません。家にいたら具合が悪くなるなんてことでは、住まう事すらままなりません。

image

過酷な自然からご家族を 守るシェルターとしての 役割であること

人類は遥か昔から、自然の驚異から家族を守る手段として、家を建ててきました。自然災害から家族を守る頑丈な建物であること、耐震性も決して後回しには出来ません。

image

豊かな暮らしを送る うえで、経済性も大切

「建てた時のイニシャルコストだけでなく、長い年月を念頭において、建物を維持するためのメンテナンス費用も低廉で且つ丈夫であること」は“家計”という観点からみても、重要なポイントとなります。建てた当初は新築のマイホームに満足がいっても、住宅ローンを長期間払い続けるうえに、維持費にばかり出費が嵩んでしまっては生活を楽しむゆとりがなくなってしまいます。

image

サーティーフォーブランドを維持する為に当社では様々な決め事を徹底しています。

まず建築現場の徹底した安全管理です、これはただ「目指せ現場事故ゼロ!」のようなスローガンを掲げるのではなく、現場に風速計を取り付け、一定の風速を超えたら工事を中止にしたり、自動的にチャイムを鳴らし職人さんにきちんと休憩をとってもらったり、現場には必ず作業用階段をとりつけるなど、建築中の事故を無くすために出来る事をしっかりと行っています。

ほかにも工期に関して、最近では着工から2〜3か月で引き渡しをする工務店が増えている中、当社では着工から100日以内に完成、検査に20日程度を有するので、引き渡しまでに通常約4か月の期間をいただいております。 サーティーフォーでは“時間”という安全も心掛けているからです。

お客様からは「そんなにかかるの?」というお声もいただきますが、良い仕事が施された家を造るために徹底しています。

事故を防ぐには車の運転と同じでどんなに腕が良くても、休息も無しでは本領も発揮出来ず、思わぬミスやアクシデントを招きます。
当然、工期が短い方が職人さんの手間賃も安く済み、一見お施主様にとってもいいように思うかも知れませんが、一生住む家ですから、一邸一邸丁寧に造る事が非常に大切です。無理のない工期で丁寧な仕事をしてもらう、それが結果としてお施主様の為になることは間違いありません。

職人さんにも仕事をこなす流れ作業的なものでなく、お施主様の大切な家として誇りを持って建ててもらう。昔の大工さんがそうであった様に、現場を大切にすることがお施主様の利益に直結する事なのです。

価格をわかり易く、ブラックボックスにしないという事も徹底しています。

建築業界の価格はブラックボックスと揶揄されます。 それはなぜか、例えば坪単価一つにしても、実は一定のルールも無いのが現状です。 坪単価とは(建物の本体価格を床面積でわった数値)ですが、そもそも本体価格に含まれる内容も各社まちまちで、延床面積なのか施工床面積なのかでも単価はかなり違います。坪25万円のチラシをみてお店に行ってみたら、実際に出てきた見積りは全然安くなかったなんて事が本当によくあります。 一般の方には非常にわかりづらくして利益を出す仕組みになっているのが現状なのです。

買い物をする際に、自分で判断して良いものにお金を出して納得して買う。当然の事ですが、家の場合はなんとなくわかりづらい・・・。同じ価格であってもどちらがいいのか判断しずらい、何にお金がかかっているのか、材料費が幾らなのか、手間賃が幾らなのか・・・。
これをオープンにして、建材・部材、施工費を分離して見積りをわかり易く、比較検討しやすいものにする。
部材や建材、プランや提案、企業の姿勢、全てをわかり易くして、お客様にご判断頂いてサーティーフォーを納得して選んでいただく為の企業努力を惜しんではいけないと思っています。
資金に余裕のある一部の富裕層をターゲットにするというのは弊社の目指すところとは違います。広く一般の方々に、低コストで健康で自由な家造りを楽しんでいただきたいのです。その為には、お客様には見えづらい部材をコストの為に妥協するのではなく、又、職人さんの手間賃を限界まで叩いて削減するのではなく、“創意工夫”することです。
物流の流れを工夫し、メーカーから何件もの問屋を挟んで仕入をぜず、直接仕入れることでコストを削減したり、日々様々なメーカーから新しい素材や商品が生まれていますので、常にアンテナを持ち、検証し本当にいいものを価格や安全面を考えて取り入れていく。

「健康に、安心して、ゆとりある暮らしを送れる家」これがサーティーフォーの住まいです。